さとしの日記

さあ、ビールを飲もう、語ろう

遠野のホップ収穫祭へ行ってきた

ホップと河童と座敷わらしの街へ

恥ずかしながらホップの畑というものを一度もみたことがなかったので、この夏収穫を迎える、ホップの生産量日本第一位の岩手県遠野市へ行ってきた。

ついでに河童や座敷わらしも捕まえようと思います。

ところで

ホップとはビールに欠かせない原料であるがその理由として、

  1. 香りづけ
  2. 苦みづけ
  3. 泡持ち

以上の効果がある。ホップの花をパカッと開けるとこのようになっている

f:id:satoshi-beer:20170828221354j:plain

中の黄色い花粉のようなものが「ルプリン」と呼ばれるオイルである。このオイルの放つアロマがビールの独特な香りを形成する。

また、このルプリンを煮込むことで苦みの成分に変化する。煮込めば煮込むほど苦くなるので、ビールの仕込みで苦み付けの目的のホップは通常、煮沸の開始時に投入される。

さて、ホップの収穫に合わせて、ここ遠野では毎年ホップ収穫祭が行われる。

お祭りでは、遠野のホップを使用したZUMONA BEERさんのビールの他、キリンさんのビールも味わえる。フードはホップの入ったソーセージや遠野産パドロンの他充実。

ライブでは毎年爆風スランプが訪れ、会場を盛り上げます。

おっし食うぞ、飲むぞ

 

まずはさっそくパドロンを食う!

ってかパドロンってなに?パトロン??愛人?いかがわしい感じ??

いや、全然違います、パドロンです。パ、ドロンです

これがそれ

f:id:satoshi-beer:20170828221748j:plain

ちなみにピーマンではない

これスペインでは素揚げにして塩を振って食うみたい。同じように素揚げをいただきました。ここ遠野もパドロン造りをする農家さんがいらっしゃるそうで、ここでまとめられています。

味はなんか皮がピーマン、中身はオクラみたいな感じでおいしい。

で、これをあてに、

f:id:satoshi-beer:20170828221741j:plain

ZUMONAさんのゴールデンピルスナー!うまいぞ!!!

会場を散歩してたら、畑から持ってこられたホップが入口に植えられている!そのホップの一つをむしり取りチョイ足し新鮮生ホップ。香りも色合いもいいい。これは贅沢だあ

f:id:satoshi-beer:20170828221723j:plain

ほろ酔いの中、会場を後に本日のメインイベントへ

畑に潜入だ!!!

f:id:satoshi-beer:20170828223214j:plain

シャトルバスで畑へ。

すごい高さに生い茂っている。全長8mあるそうです。

これらは100%すべてキリンさんの契約栽培。他のブルワリーが使う余地はありません。

あれ?ZUMONAさんのビールに使われていたけど?

はい、実はZUMONAさんはキリンさんから遠野のホップを買っているのです。これが結構な値段みたいで。。。

地ビールなのですから地元の素材を使って行きたいもの。

ぜひ直販してほしいですなあ。。。

 

終わりに

遠野は自然あふれるとても居心地の良い場所でした。四方山に囲まれており、空気も澄んでいます。朝方の散歩は最高でした。

道を聞いた中学生やおばあちゃんも真剣に答えてくれて人も温かかった。

河童も座敷わらしも出会えませんでしたが、とても良い旅になりました。