さとしの日記

さあ、ビールを飲もう、語ろう

twitterみたいにブログをやる

数日前から私のブログの記事の更新数が半端ないんだが、一つの発想の転換によるものです。暇なわけではないです。

 

このブログを始めた頃は私は、ブログとはしっかり考えをまとめて、ちゃんとした作品として表現するものだ

と思っていました。

 

要は、形になってないのに書くべきではない、ということです。

 

ネットの有名ブロガーの方の記事を見ても字数の多さや内容のコリ方、ペイを考えたしっかりした記事を拝見していたので、それがブログのあり方だと思っていました。

 

しかしながら、私はビジネスとしてのブログではなくあくまで趣味。過去の記録を自分で確認できるようにしつつ、他の人にも見てもらえるような目的で始めたのです。

 

そしたら、twitterと何が違うんだろう?と思った次第です。

 

とにかく自分の思ったこと、感じたことの表現を残すこと、それが大事だと思うんです。

 

過去を振り返ることより、未来を創造することがどれだけ有意義かということは答えるに及びませんが、過去の自分の記事を第三者視点から見たとき、いいこと言ってるね、とか、何言ってんだ?と思えるのって、やっぱり記録を残してるからできることだと思うんです。

 

幸運にもたまたま文字を使える人間なので、言葉で表現するのを大事にしたいなと思います。